poデータで翻訳出来ない箇所を無理やり翻訳する方法

Wordpress

poデータをいくら編集しても、テーマのphpを触らないと翻訳できない海外製テーマやプラグインの話です。

sponcered link

翻訳出来ない箇所が見つかる

AvadaやXテーマ等の、海外製テンプレートは基本優秀ですが、自分でカスタマイズできないときに不便です。

英語で説明されており、構造も複雑なので「どこを触れば何が変化するのか」を確かめる主な手段がトライ・アンド・エラーになってしまいます。

Poデータを触っても、翻訳できない・・・

今回困ったことは、Poデータ(翻訳データ)を触っても、phpを編集しても、どうしても翻訳されない一文が出てしまいました。
具体的な場所は、fusion builder要素の「Blog」にて、「Blog Layout」を「Medium Alternate」もしくは「Large Alternate」選択し、「Show Read More Link」を「Yes」にした際に出てくる「Read More」という一文です。

poデータのRead Moreを編集しても反映されず、PHPにそれらしき物をみつけ、編集してみますが、反映されませんでした・・・。

CSSで無理やり翻訳しよう

結局、「Read More」を消して、:afterに「続きを読む」を追加すれば、一応無理矢理に翻訳は出来ます。
⇩「Read More」を消す

.div01{text-indent:100%;white-space:nowrap;overflow:hidden;}


⇩「続きを読む」を追加.div02 :after { content: ‘続きを読む’;}

.div02 :after { content: '続きを読む';}


要素を消すので、使い所が難しいです。まさに最終手段。
どうしても、翻訳できなかったら、使ってみてください。

コメント