WordPress|投稿・固定ページ内でPHPを実行する方法

Wordpress

ショートコードでphpを動かせるようになると、色々楽しいことが出来ます。固定ページや投稿ページ、ウィジェット、メニューなど、どんな場所に好きなphpを動作させる事ができます。Wordpressを使ってphpの勉強をするにはもってこいの機能です。導入にはfunctions.phpを編集する必要があるので、バックアップはしっかりと取っておいてください。

sponcered link

functions.phpにコードを入力する前の注意点

テーマにあるfunctions.phpを編集します。テーマの編集から直接触ることが出来ますが、注意点が3つあります。

  • バックアップはしっかりと取っておいてください。
  • テキストエディタで編集してください。
  • 親テーマを直接編集せずに「子テーマ」を編集してください。

functions.phpは、操作を間違えるとすぐエラーになったり、最悪サイトが真っ白になって何も表示されなくなり、対処のしようが無くなってしまう事もあります。なのでバックアップはしっかりと取り、出来る限りテキストエディタ編集して、「子テーマ」の方を編集します。

UpdraftPlusでGoogleDriveに自動バックアップする手順
高機能で簡単にバックアップと復元が出来る「UpdraftPlus」を紹介します。は3つの点で便利です。 定期的な自動バックアップ 簡単操作で出来る「復元」機能 他クラウドサービスとの連携定期的にバックアップが出来るので、万...

△バックアップの方法はこちらを参照してください。

functions.phpにコードを追加

functions.phpの場所は「WordPressをインストールした場所」→「wp-content」→「themes」→「有効化中のテーマ」の中にあります。

functions.phpに以下のコードを追加します。

/* PHPの読み込み
---------------------------------------------------------- */
function my_php_Include($params = array()) {
extract(shortcode_atts(array('file' => 'default'), $params));
ob_start();
include(STYLESHEETPATH . "/$file.php");
return ob_get_clean();
}
add_shortcode('call_php', 'my_php_Include');

functions.phpと階層にあるPHPデータを呼び出せれるコードを追加しました。階層を別にしたい場合は後述します。

サンプルPHPを作成

実際の使い方をご紹介します。

下記のテキストのみ書いたPHPを、functions.phpと同じ階層に「sample.php」として保存します。

このサンプルを呼び出します。このphpをfunctions.phpと同じ階層に置きます。

上記のphpをfunctions.phpと同じ階層に保存します。

サンプルPHPを投稿ページで動かす

ショートコードを使い、先ほど作成したサンプルPHPを呼び出します。

「投稿」→「新規投稿」をクリックします。

投稿編集画面に移動したら下記のコードをコピーしてください

[call_php file='sample']

「file=’●●●●●’」に保存したphpの名前を書き込めば、そのPHPを呼び出して表示できます。名前は拡張子が不要なので「.php」を抜いたものです。上記の例は「sample.php」なので「call_php file=’sample‘」になります。

記事のプレビューを押すと、ショートコードが呼び出されたphpになって表示されています。

このように、ショートコードを使って、本来phpを呼び出せない、投稿記事や固定ページ、ウィジェットにもphpを表示することができます。

コメント

  1. […] ト表示させるにはPHPを使用します。PHPを呼び出すには下のリンクを参照してください。 InnervisionsPHPをショートコードで呼び出す方法https://innervisions.info/wordpress/shortcord-php/ショートコー […]